移管・買取事例をご紹介します

CASE.1

移 管

運営期間の伸長

Case.1のプロダクトは、4年以上運営を続けていた長寿タイトル。ゲームのライフサイクルで言う成熟期を超え、売上の減衰が続いていました。そこで弊社はパートナー企業様の「コストに対する売上が見合わない」という課題に向き合い、運営移管をご提案させていただきました。結果、運営の移管により減衰していた売上は下げ止まり、運営期間を伸ばすことに成功。パートナー企業様の利益最大化に貢献できました。

CASE.2

買 取

リソース再配置

Case.2のプロダクトは、社内のリソースに課題を抱えていました。本プロダクトの売上を維持しながら、社内の別プロダクトに人員を充てる必要が生じたのです。弊社は一定期間の想定利益を算出の上一括でお支払いし、タイトルの運営権利をお預かりするご提案をさせていただきました。引き継ぎはスムーズに進み、別プロダクトへの人員再配置が完了。パートナー企業様のリソース最適化に貢献することができました。

CASE.3

買 取

再投資のための資金調達

Case.3のプロダクトは、5年以上の運営を安定して行っていました。一定の収益が見込める一方で、新規案件の仕込みのための資金調達を検討していたパートナー企業様に、運営タイトルを資産とした買取をご提案させていただきました。市場価値が高い状態での買取により、パートナー企業様に再投資に十分な資金を確保いただくことができました。

まずはお気軽にお問い合わせください